現在の場所: トップページ / 製品センター
11114
SDS5000Xシリーズで
デジタル・オシロスコープ
主な特徴
  • 350 MHz, 500 MHz, 1 GHzのモデルラインナップ
  • リアルタイムサンプリングレート 最大5 GSa/s
  • 最大250Mptsまで記録メモリ長
  • 波形リフレッシュレート500,000 wfm/s(シーケンスモード)
  • I2C、SPI、CAN、LIN、CAN FD、Flexray、I2S、MIL-STD-1553Bに対応したシリアルバストリガ&デコード機能
  • マルチタッチジェスチャーに対応した静電容量式タッチスクリーン
×
マルチタッチ操作と遠隔制御に対応
SDS5000Xの10.1インチ大型ディスプレイは、マルチタッチジェスチャに対応した静電容量式タッチスクリーンとなっており、よく使う機能へのワンボタンアクセス設計と合わせて、優れた操作性を実現しています。また、外付けのマウスやキーボードによる操作にも対応しています。

Webサーバ内蔵により、大容量のドライバをインストールすることなく、PCや携帯端末での遠隔操作が可能です。SCPIプログラミングコマンドに対応したフリーPCソフトウェアも付属します。
マルチタッチ操作と遠隔制御に対応
SDS5000Xの10.1インチ大型ディスプレイは、マルチタッチジェスチャに対応した静電容量式タッチスクリーンとなっており、よく使う機能へのワンボタンアクセス設計と合わせて、優れた操作性を実現しています。また、外付けのマウスやキーボードによる操作にも対応しています。

Webサーバ内蔵により、大容量のドライバをインストールすることなく、PCや携帯端末での遠隔操作が可能です。SCPIプログラミングコマンドに対応したフリーPCソフトウェアも付属します。
豊富なのトリガタイプ
SDS5000Xは、最大11種類のトリガタイプに対応した優れたトリガ機能を搭載しており、様々な特性を持つ信号に対し、素早くトリガをかけることができます。例えば、ラントトリガを使用すれば、設定した振幅でラント信号にトリガをかけることが可能です。

従来のトリガタイプでは、特殊な信号に対して20ステップ程の設定が必要となる場合があります。そのため、SDS5000Xにはゾーントリガ機能が搭載されています。シンプルにトリガエリアを描画することで、複雑な信号も「1ステップトリガ」で処理することができます。

SDS5000Xは、4アナログチャンネル、16デジタルチャンネル、EXT、EXT/5、ACラインをトリガソースとしてサポートしています。 
豊富なのトリガタイプ
SDS5000Xは、最大11種類のトリガタイプに対応した優れたトリガ機能を搭載しており、様々な特性を持つ信号に対し、素早くトリガをかけることができます。例えば、ラントトリガを使用すれば、設定した振幅でラント信号にトリガをかけることが可能です。

従来のトリガタイプでは、特殊な信号に対して20ステップ程の設定が必要となる場合があります。そのため、SDS5000Xにはゾーントリガ機能が搭載されています。シンプルにトリガエリアを描画することで、複雑な信号も「1ステップトリガ」で処理することができます。

SDS5000Xは、4アナログチャンネル、16デジタルチャンネル、EXT、EXT/5、ACラインをトリガソースとしてサポートしています。 
シリアルトリガ&デコード
SDS5000Xは、様々な産業で採用されているシリアルプロトコルのトリガおよびデコード機能を提供します。
 
I2C, SPI   組み込み用シリアルプロトコル
UART   PC用シリアルプロトコル
CAN, CAN FD, LIN, FlexRay   車載用シリアルプロトコル
I2S  オーディオ用シリアルプロトコル
MIL-STD 1553B   航空宇宙用シリアルプロトコル
シリアルトリガ&デコード
SDS5000Xは、様々な産業で採用されているシリアルプロトコルのトリガおよびデコード機能を提供します。
 
I2C, SPI   組み込み用シリアルプロトコル
UART   PC用シリアルプロトコル
CAN, CAN FD, LIN, FlexRay   車載用シリアルプロトコル
I2S  オーディオ用シリアルプロトコル
MIL-STD 1553B   航空宇宙用シリアルプロトコル
強力な測定機能
SDS5000Xは、55種類以上のパラメータ測定に対応しており、12種類のパラメータを同時に測定し、値の推移をトレンドグラフとして表示する高度な機能を備えています。統計機能を有効にすると、パラメータの現在値、平均値、最小値、最大値、標準偏差、統計回数が表示されます。

アナログチャンネルやデジタルチャンネル、ズーム波形、演算波形、参照波形を測定機能のソースに設定することができます。
強力な測定機能
SDS5000Xは、55種類以上のパラメータ測定に対応しており、12種類のパラメータを同時に測定し、値の推移をトレンドグラフとして表示する高度な機能を備えています。統計機能を有効にすると、パラメータの現在値、平均値、最小値、最大値、標準偏差、統計回数が表示されます。

アナログチャンネルやデジタルチャンネル、ズーム波形、演算波形、参照波形を測定機能のソースに設定することができます。
8つの機能を1台に集約
SDS5000Xには、1台に多くの機能が搭載されており、省スペースながらも多種多様な機能をご提供。

16チャンネルロジックアナライザ
ボード線図による電源制御ループ応答テスト用の25 MHz絶縁型任意信号発生器
テンプレートテスト
デジタルマルチメータ
ボード線図
電源解析ソフトウェア
カウンタ
周波数計
 
8つの機能を1台に集約
SDS5000Xには、1台に多くの機能が搭載されており、省スペースながらも多種多様な機能をご提供。

16チャンネルロジックアナライザ
ボード線図による電源制御ループ応答テスト用の25 MHz絶縁型任意信号発生器
テンプレートテスト
デジタルマルチメータ
ボード線図
電源解析ソフトウェア
カウンタ
周波数計
 
仕様
帯域幅 350 MHz 、500 MHz 、1 GHz
サンプリングレート(最大) 5 GSa/s
波形キャプチャレート(最大) 500,000 wfm/s
チャンネル数 2 + EXT(生産終了)/4 + EXT
トリガタイプ エッジ、スロープ、パルス幅、ウィンドウ、ラント、インターバル、ドロップアウト、パターン、ビデオ、クオリファイド
シリアルトリガ&デコード I2C, SPI, UART, CAN, LIN, CAN FD, FlexRay, I2S, MIL-STD-1553B
データ解析 サーチ、ナビゲート、ヒストリ、マスクテスト、デジタル電圧計、波形ヒストグラム、ボード線図、電源解析、アイ/ジッタ解析
デジタルチャンネル(オプション) 16チャンネル、波形キャプチャレート 最大1.25 GSa/s、メモリ長 最大62.5 Mpts
信号発生器(オプション) 1チャンネル、周波数 最大25 MHz、サンプリングレート 125 MSa/s、波形メモリ16 kpts
入力/出力またはインターフェース USBホスト、USBデバイス、LAN、合否判定、トリガ出力、10 MHz入力、10 MHz出力、VGA出力
プローブ(標準付属品) 各チャンネルにつき1本
ディスプレイ  10.1インチTFT液晶、静電容量式タッチスクリーン(1024×600)
型番
帯域幅
チャンネル数
リアルタイムサンプリングレート
最大波形 キャプチャーレート
メモリ長
税込価格(円)
SDS5104X
1 GHz
4 + EXT
5 GSa/s
500,000wfm/s
250Mpts
¥1,397,880
SDS5054X
500 MHz
4 + EXT
5 GSa/s
500,000wfm/s
250Mpts
¥1,090,980
SDS5034X
350 MHz
4 + EXT
5 GSa/s
500,000wfm/s
250Mpts
¥684,420
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋