現在の場所: トップページ / 製品センター
111181
SSA5000Aシリーズ スペクトラムアナライザ
主な特徴
  • 周波数レンジ 9 kHz ~ 13.6/26.5 GHz
  • 表示平均ノイズレベル -165 dBm/Hz(標準値)
  • SSB位相ノイズ -105 dBc/Hz @ 1 GHz、10 kHzオフセット(標準値)
  • 解析帯域幅 25 MHz / 40 MHz
  • アナログ変調解析とベクトルデジタル変調解析
  • チャンネル電力、ACPR、OBW、高調波、TOI測定等
×
Bluetooth変調分析(SSA5000-BT)
この測定アプリケーションは、Bluetooth SIGが発行するBluetooth® RFテスト仕様に従って測定結果を算出し、信号のプロトコルバージョンを自動検出してBluetooth BR/EDR/LEのワンタッチ測定を行います。SigIQPro信号生成ソフトウェアと組み合わせることで、鼎陽科技の経済的かつ効率的なBluetooth信号生成および信号分析ソリューションを構成し、信号生成からデータ情報、評価結論へのプロセスを加速します。
Bluetooth変調分析(SSA5000-BT)
この測定アプリケーションは、Bluetooth SIGが発行するBluetooth® RFテスト仕様に従って測定結果を算出し、信号のプロトコルバージョンを自動検出してBluetooth BR/EDR/LEのワンタッチ測定を行います。SigIQPro信号生成ソフトウェアと組み合わせることで、鼎陽科技の経済的かつ効率的なBluetooth信号生成および信号分析ソリューションを構成し、信号生成からデータ情報、評価結論へのプロセスを加速します。
ノイズ係数測定(SSA5000-NF)
鼎陽科技SSA5000Aのノイズ係数測定機能は、エンジニアにとってシンプルなツールを提供し、高品質のノイズ係数測定を迅速かつ効果的に行うことができます。測定されるDUTおよびシステムモジュールのノイズ係数とゲインを折れ線グラフ、計量表、表形式のビューで描写し、さらにノイズファクター、Yファクター、等価ノイズ温度、熱ノイズフロア、冷ノイズフロアなどのパラメータも測定できます。
ノイズ係数測定(SSA5000-NF)
鼎陽科技SSA5000Aのノイズ係数測定機能は、エンジニアにとってシンプルなツールを提供し、高品質のノイズ係数測定を迅速かつ効果的に行うことができます。測定されるDUTおよびシステムモジュールのノイズ係数とゲインを折れ線グラフ、計量表、表形式のビューで描写し、さらにノイズファクター、Yファクター、等価ノイズ温度、熱ノイズフロア、冷ノイズフロアなどのパラメータも測定できます。
相位ノイズ測定(SSA5000-PN)
鼎陽科技のSSA5000Aスペクトラムアナライザーは、ワンタッチ相位ノイズ測定機能を提供します。SSA5000Aは、より低い表示平均ノイズレベル(DANL)と相位ノイズを持ち、テストの精度を保証します。より小さい解像度帯域幅により、キャリア電力とノイズ電力の同時測定を避け、より詳細な測定結果を得ることができます
相位ノイズ測定(SSA5000-PN)
鼎陽科技のSSA5000Aスペクトラムアナライザーは、ワンタッチ相位ノイズ測定機能を提供します。SSA5000Aは、より低い表示平均ノイズレベル(DANL)と相位ノイズを持ち、テストの精度を保証します。より小さい解像度帯域幅により、キャリア電力とノイズ電力の同時測定を避け、より詳細な測定結果を得ることができます
パルス測定(SSA5000-PU)
鼎陽科技のSSA5000Aパルス測定機能は、エンジニアが現代のダイナミックな信号環境をよりよく分析し、自動的にパワーメジャメント、パルス特性、変換特性の測定を行うのに役立ちます。最大の解像度帯域幅は10MHzまでで、上昇時間測定結果は最低66nsまで達成でき、さまざまなトリガーモードと組み合わせて、急激な信号を安定してキャプチャできます。
パルス測定(SSA5000-PU)
鼎陽科技のSSA5000Aパルス測定機能は、エンジニアが現代のダイナミックな信号環境をよりよく分析し、自動的にパワーメジャメント、パルス特性、変換特性の測定を行うのに役立ちます。最大の解像度帯域幅は10MHzまでで、上昇時間測定結果は最低66nsまで達成でき、さまざまなトリガーモードと組み合わせて、急激な信号を安定してキャプチャできます。
リアルタイム解析モード
SSA5000Aシリーズは、リアルタイムのスペクトラム解析機能を備えています。多次元データ表示や高度なトリガ機能により、チャンネル電力測定やホッピング周波数、チャンネル競合、スペクトラム干渉といった、現代のRFスペクトラムにおける課題を解決します。
リアルタイム解析モード
SSA5000Aシリーズは、リアルタイムのスペクトラム解析機能を備えています。多次元データ表示や高度なトリガ機能により、チャンネル電力測定やホッピング周波数、チャンネル競合、スペクトラム干渉といった、現代のRFスペクトラムにおける課題を解決します。
変調解析モード
トランシーバテストに役立つ、AM/FM/PMアナログ変調とASK/FSK/PSK/MSK/QAMベクトル変調の解析機能を搭載しています。また、EVM測定や信号空間ダイアグラム表示、アイダイアグラム表示に対応し、通信品質の評価方法を豊富に提供します。
 
変調解析モード
トランシーバテストに役立つ、AM/FM/PMアナログ変調とASK/FSK/PSK/MSK/QAMベクトル変調の解析機能を搭載しています。また、EVM測定や信号空間ダイアグラム表示、アイダイアグラム表示に対応し、通信品質の評価方法を豊富に提供します。
 
仕様
周波数レンジ SSA5083A:9 kHz~13.6 GHz
SSA5085A:9 kHz~26.5 GHz
分解能帯域幅 1 Hz~10 MHz
表示平均ノイズレベル -165 dBm/Hz
SSB位相ノイズ <-105 dBc/Hz
解析帯域幅 40 MHz
周波数分解能 1 Hz
拡張測定(オプション) CHP、ACPR、OBW、CNR、高調波、TOI、モニタ
変調解析(オプション) AM, FM, ASK, FSK, MSK, PSK, QAM
通信インターフェース LAN、USBデバイス、USBホスト(USB-GPIB)
リモートコントロール対応 SCPI/Labview/IVI(USB-TMCベース)/VXI-11/
Socket/Telnet/I-MAX、Webブラウザ、EasySpectrumソフトウェア、ファイルエクスプローラ
ディスプレイ TFT液晶、1200×800、12.1インチ静電容量式マルチタッチスクリーン
型番
周波数レンジ
DANL
位相ノイズ解析
帯域幅
分解能帯域幅
税込価格(円)
SSA5083A
9 kHz ~ 13.6 GHz
-165 dBm/Hz
<-105 dBc/Hz
-
1 Hz ~ 10 MHz
¥3,427,820
SSA5085A
9 kHz ~ 26.5 GHz
-165 dBm/Hz
<-105 dBc/Hz
-
1 Hz ~ 10 MHz
¥3,974,080
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋