現在の場所: トップページ / 製品センター
111111
SDS2000X -Eシリーズで
デジタル・オシロスコープ
主な特徴
  • 100 MHz - 350 MHzのモデルラインナップ
  • 最大2GSa/sのリアルタイムサンプリングレート
  • 最新のSPOテクノロジー
  • 最大波形キャプチャレート 110,000 wfm/s(ノーマルモード)、400,000 wfm/s(シーケンスモード)
  • 256レベルの輝度階調とカラー表示モードをサポートします。
  • 7インチTFT-LCDディスプレイと10個のワンボタンメニューを搭載。
  • 最大28Mptsまでの記録メモリ長
  • デジタルトリガー方式
  • ボード線図
     
×
電源制御ループ応答解析
(ボード線図)
電源設計において、安定性は非常に重要な指標の1つです。一般的に、この安定性の測定には特殊な周波数応答アナライザを必要としますが、非常に高価です。SIGLENTはこの課題に対し、Bode Plot IIソフトウェア標準搭載のSDS2000X-E オシロスコープと信号ソースによる電源制御ループの測定という、手ごろな価格のソリューションを提供します。

· より優れた測定感度と確度を実現
· 電源制御ループテストの複雑なテストシナリオを可能にする可変励起スキャンモード
· ユーザーフレンドリーなUIデザイン
· リスト表示とカーソル測定でより直感的に操作
電源制御ループ応答解析
(ボード線図)
電源設計において、安定性は非常に重要な指標の1つです。一般的に、この安定性の測定には特殊な周波数応答アナライザを必要としますが、非常に高価です。SIGLENTはこの課題に対し、Bode Plot IIソフトウェア標準搭載のSDS2000X-E オシロスコープと信号ソースによる電源制御ループの測定という、手ごろな価格のソリューションを提供します。

· より優れた測定感度と確度を実現
· 電源制御ループテストの複雑なテストシナリオを可能にする可変励起スキャンモード
· ユーザーフレンドリーなUIデザイン
· リスト表示とカーソル測定でより直感的に操作
データ解析処理の革命
28Mのサンプリングポイント全てに対し高速測定・演算を行い、解析時の歪みを最小限に抑えます。
ハードウェアコプロセッサによる高速データ処理
1 Mpts FFT演算
ズーム、ゲート、演算測定、統計処理をサポート
38種類のパラメータの自動測定機能をサポート
データ解析処理の革命
28Mのサンプリングポイント全てに対し高速測定・演算を行い、解析時の歪みを最小限に抑えます。
ハードウェアコプロセッサによる高速データ処理
1 Mpts FFT演算
ズーム、ゲート、演算測定、統計処理をサポート
38種類のパラメータの自動測定機能をサポート
高性能のメモリ長と波形キャプチャレート
高感度・低ジッタのデジタルトリガシステム
256段階の輝度諧調と色温度による表示
最大400,000 wfm/s(シーケンスモード)の波形キャプチャレートで、過渡現象や低頻度の事象を容易に捕捉
最大28 Mptsのメモリ長で、オーバーサンプリングによる長時間・高分解能の捕捉が可能
高性能のメモリ長と波形キャプチャレート
高感度・低ジッタのデジタルトリガシステム
256段階の輝度諧調と色温度による表示
最大400,000 wfm/s(シーケンスモード)の波形キャプチャレートで、過渡現象や低頻度の事象を容易に捕捉
最大28 Mptsのメモリ長で、オーバーサンプリングによる長時間・高分解能の捕捉が可能
シリアルデコード機能を標準搭載
SDS2000X-Eには、他機種では有償となることが多いシリアルデコード機能が標準で搭載されており、IIC、SPI、UART、CAN、LINに対応しています。

波形とデータを同時に表示することができ、詳細なデコード情報はリスト形式で表示されます。また、データの保存とエクスポートにも対応しています。
シリアルデコード機能を標準搭載
SDS2000X-Eには、他機種では有償となることが多いシリアルデコード機能が標準で搭載されており、IIC、SPI、UART、CAN、LINに対応しています。

波形とデータを同時に表示することができ、詳細なデコード情報はリスト形式で表示されます。また、データの保存とエクスポートにも対応しています。
強力なデバッグ・解析機能
サーチ&ナビゲート機能により目的の波形イベントを素早く検出
MSOロジックアナライザを統合したミックスドシグナル解析ツール
ヒストリモードとシグナルモードの組み合わせで波形の異常を素早く捕捉
長期間の信号モニタリングを可能にするハードウェアベースの合否判定モード
強力なデバッグ・解析機能
サーチ&ナビゲート機能により目的の波形イベントを素早く検出
MSOロジックアナライザを統合したミックスドシグナル解析ツール
ヒストリモードとシグナルモードの組み合わせで波形の異常を素早く捕捉
長期間の信号モニタリングを可能にするハードウェアベースの合否判定モード
Webページを介した遠隔操作
Webサーバを内蔵しているため、ドライバソフトやPCソフトをインストールする必要はありません。ブラウザから機器の制御や波形の観測、測定結果の取得といった操作を遠隔で行うことができます。高圧・高温といった特殊な環境下で測定を行う際に最適な機能です。ブラウザでの表示は、通常のウェブレイアウトとモバイルレイアウトの両方に対応しており、携帯端末からでも簡単に操作することが可能です。
Webページを介した遠隔操作
Webサーバを内蔵しているため、ドライバソフトやPCソフトをインストールする必要はありません。ブラウザから機器の制御や波形の観測、測定結果の取得といった操作を遠隔で行うことができます。高圧・高温といった特殊な環境下で測定を行う際に最適な機能です。ブラウザでの表示は、通常のウェブレイアウトとモバイルレイアウトの両方に対応しており、携帯端末からでも簡単に操作することが可能です。
仕様
帯域幅 100 MHz 、200 MHz 、350 MHz
サンプリングレート(最大) 2 GSa/s
チャンネル数 2 + EXT
メモリ長 14 Mpts/ch(非インターリーブモード)
28 Mpts/ch(インターリーブモード)
波形キャプチャレート(最大) 400,000 wfm/s(シーケンスモード)
トリガタイプ エッジ、スロープ、パルス幅、ウィンドウ、ラント、インターバル、ドロップアウト、パターン、ビデオ
シリアルトリガ&デコード(標準機能) I2C、SPI、UART、CAN、LIN
USB任意信号発生器(オプション) 1チャンネル、25 MHz、サンプリングレート 125 MHz、波形長 16 kpts
16デジタルチャンネル     最大波形キャプチャレート 1 GSa/s、最大メモリ長 14 Mpts/ch
ボード線図(標準機能)
 
 開始周波数 10 Hz、最小帯域幅 500 Hz、最大帯域幅 120 MHz(オシロスコープと任意信号発生器の帯域幅による)、最大周波数スキャン点数 500 pts
インターフェース USBホスト、USBデバイス、LAN、合否判定、トリガ出力、10 MHz入力、10 MHz出力、VGA出力
プローブ(標準付属品) SDS2202X-E:PP215受動プローブ 2本 SDS2352X-E:SP2035受動プローブ 2本 
ディスプレイ 7インチTFT液晶(800×480ピクセル)
重量 パッケージ無し 2.6 kg、パッケージ有り 3.8 kg
型番
帯域幅
チャンネル数
リアルタイムサンプリングレート
最大波形
メモリ長
税込価格(円)
SDS2352X-E
350 MHz
2 + EXT
2 GSa/s
110,000wfm/s(ノーマルモード)
28 Mpts/CH
¥147,400
SDS2202X-E
200 MHz
2 + EXT
2 GSa/s
110,000wfm/s(ノーマルモード)
28 Mpts/CH
¥108,790
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋