現在の場所: トップページ / ニュースとイベント / 新製品リリース / SEM5000A & SSU5000A & SSM5000A シリーズ:複雑なRFアプリケーションにSIGLENTソリューションを拡張
SEM5000A & SSU5000A & SSM5000A シリーズ:複雑なRFアプリケーションにSIGLENTソリューションを拡張
リリース時間: 2023-10-13
ブラウズ回数: 235
2023年10月13日、SIGLENTは正式にSEM5000Aシリーズ電子キャリブレーション(ECal)モジュール、SSU5000Aシリーズ機械式スイッチ、およびSSM5000Aシリーズスイッチマトリックスのリリースを発表しました。これらの製品は、SIGLENTのSHA850A、SVA1000X、およびSNA5000Aシリーズベクターネットワークアナライザーとの使用に最適化されています。
SIGLENTは、マルチポートおよびマルチデバイスのテストソリューションを提供するスマートアクセサリーをリリースしました。

無線通信および電子産業において、マイクロ波集積回路技術の向上とデバイス性能要件の増加に伴い、サイズ、コスト、重量、および電力消費の削減への需要が、複雑なマルチポートデバイスが個別の部品を置き換える方向に進んでいます。特に、差動RFデバイスが広く使用されている現在、この傾向が顕著です。

急速に増加しているモバイルデータトラフィックは、技術の持続的な発展とモバイル通信の周波数スペクトルのシェアの増加を必要としています。モバイル電話やタブレットPCのフロントエンドモジュールなど、現代の通信デバイスに使用されるコンポーネントは、WLAN、Bluetooth、GPSなどのさまざまな周波数帯域や機能をサポートしています。5Gの開発の重要な要素の1つは、フロントエンドモジュール内のポートの数が急速に増加しており、フィルター、増幅器、および他のコンポーネントが含まれています。これらのFEMの複雑さ、テスト要件の高効率性、および量産の安定性は、効率的な設計の鍵となっています。
 
SIGLENTのマルチポートデバイステストソリューションは、高速性、正確性、効率性を向上させると同時に、費用対効果の高いテスト拡張オプションを組み合わせています。



2023年10月13日、SIGLENTは正式にSEM5000Aシリーズ電子キャリブレーション(ECal)モジュール、SSU5000Aシリーズ機械式スイッチ、およびSSM5000Aシリーズスイッチマトリックスのリリースを発表しました。これらの製品は、SIGLENTのSHA850A、SVA1000X、およびSNA5000Aシリーズベクターネットワークアナライザーとの使用に最適化されています。これらの製品は、マルチポートおよび複数デバイスでのシンプルから複雑なRF測定タスクに対する包括的で費用対効果の高いトータルソリューションを提供します。


SSU5000Aシリーズ機械式スイッチ
 
SIGLENTは、マイクロ波およびミリ波システムのマルチポートテスト要件を満たすために、周波数範囲が最大50 GHzまでのSSU5000Aシリーズ機械式スイッチを導入しました。SSU5000Aは、コンパクトなデザイン、優れたRF特性、低挿入損失、優れたインピーダンスマッチング、および高速な切り替え時間を備えています。これには、SMAまたは2.4 mmコネクタを備えた1-4つの独立した単極二投機械式スイッチ、または1-2つの単極六投機械式スイッチが含まれています。



SSU5000A機械式スイッチシステムは、使いやすいUSB接続の筐体に組み込まれており、VISAとSCPIを使用してプログラム設定が行えるほか、無料のスタンドアロンソフトウェアを使用することも可能です。高周波数と信号の忠実度が必要な小さなスイッチシステムに適しており、SSU5000A機械式スイッチシステムは、コンパクトなパッケージで機能と価値を組み合わせています。


SEM5000Aシリーズ電子キャリブレーション(ECal)モジュール
 
SEM5000Aシリーズの電子キャリブレーションモジュールには、5002A / 5012A / 5022A / 5032A / 5004A / 5014A / 5024A / 5034A が含まれており、対応する周波数バンドは、9kHzから4.5GHz / 9kHzから9GHz / 100kHzから13.5GHz / 100kHzから26.5GHzまでとなっています。これらのモジュールは、通信および電力供給にUSBインターフェースを備えており、SIGLENTのSHA850Aシリーズ、SVA1000Xシリーズ、およびSNA5000Aシリーズベクターネットワークアナライザーのキャリブレーションと誤差補正に適しています。SEM5000Aシリーズはシンプルで、迅速で、効率的で、正確で、幅広く適用可能です。これらのモジュールには、SMAまたは3.5 mmのコネクションが備わっており、カスタム構成も利用可能です。
 
従来の機械式キャリブレーション方法では、測定対象の機器をキャリブレーションデバイスを使用して何度も接続および切断する必要がありました。これはキャリブレーションにかかる時間だけでなく、操作の頻度や人為的なエラーの発生確率も増加させました。SEM5000Aシリーズの電子キャリブレーションモジュールは、一度のステップでキャリブレーションを行い、マルチポートおよび製造テストに大きな利便性を提供します。これにより、キャリブレーションプロセス中の接続回数が大幅に削減され、プロセスがはるかに簡単で効率的になります。接続回数が減少することで、操作者のエラー確率が低下し、コネクタの摩耗や損傷の確率も低下し、それに伴い保守および計測装置のコストも削減されます。





SSM5000Aシリーズスイッチマトリックス
 
RFテストシステムの複雑さが急速に増加しています。要件が機械式スイッチシステムを超える場合、RFマトリックススイッチシステムはこの追加の複雑さに対応できることがあります。このニーズを満たすために、SIGLENTは異なる周波数とポート要件に適した強力なRFマトリックステストソリューションを導入しています。SSM5000Aシリーズスイッチマトリックスは、ネットワークアナライザ、信号源、スペクトラムアナライザなどの機器のテストポート数を拡張できます。最大4つの入力ポートと最大24の出力ポートをサポートし、USB、LAN、および直接制御通信モードに対応しており、これらのスイッチマトリックスシステムはデバイス接続を簡素化し、柔軟性を追加したシステムトポロジーに対応します。スイッチマトリックス上の直接制御インターフェースを使用することで、マルチポートキャリブレーションをさらに自動化して最大の効率を実現できます。これらのRFスイッチシステムは、混合システム設計に最適で、どのブランドのRFテスト機器とも使用でき、基本的なアンテナから完全な5Gコンポーネントモジュールまでのマルチポートテスト環境に適しています。
 
SSM5000Aシリーズスイッチマトリックスシステムは、RFアプリケーションを追加のマルチポートデバイスおよびモジュール要件に拡張します。SIGLENTは、RFソース、測定、ベクターアナリシス、キャリブレーション、および今やRFスイッチングの強力な組み合わせにより、RFシステムに速度、効率、および価値を提供します。



SIGLENTは、確かな信頼性と標準の3年間の保証に裏打ちされたトータルソリューションを提供し、プリセールおよびポストセールのサポートも行います。コンパクトなデザイン、優れたRF特性、低挿入損失と組み合わせ、SEM5000A/SSU5000A/SSM5000Aは、どんなRFエンジニアの作業台またはテストシステムにも素晴らしい追加となる完全なソリューションです。
 
SIGLENTは、RFテストニーズに合わせて多くのモデルと構成を提供しています。ポート、スイッチ構成、コネクタ、周波数範囲に応じて選択できます。詳細なデバイス情報はSIGLENTのウェブサイトでご確認いただけます。




 
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋