現在の場所: トップページ / ニュースとイベント / 新製品リリース / SDS7000A シリーズ 4GHz、12ビット高解像度オシロスコープのリリース
SDS7000A シリーズ 4GHz、12ビット高解像度オシロスコープのリリース
リリース時間: 2023-11-15
ブラウズ回数: 174
2023年11月15日、SIGLENTは新製品「SDS7000Aシリーズ高解像度オシロスコープ」を発表しました。 SDS7000Aは、3GHzと4GHzの帯域幅を備えた4つのアナログチャンネルと16のデジタルチャンネルを提供し、新しいテスト要件に対応する設計アプリケーションを拡大します。サンプリングレートは最大20GSa/s、垂直解像度はハードウェアによる12ビット、標準メモリ長は500 Mpts/chで、オプションで1 Gpts/chまで拡張可能です。
2023年11月15日、SIGLENTは新製品「SDS7000Aシリーズ高解像度オシロスコープ」を発表しました。
 
SDS7000Aは、3GHzと4GHzの帯域幅を備えた4つのアナログチャンネルと16のデジタルチャンネルを提供し、新しいテスト要件に対応する設計アプリケーションを拡大します。サンプリングレートは最大20GSa/s、垂直解像度はハードウェアによる12ビット、標準メモリ長は500 Mpts/chで、オプションで1 Gpts/chまで拡張可能です。4 GHz帯域幅でのノイズフロアは220μVrmsまで低下します。波形キャプチャレートは最大100万wfm/sで、異常な信号を容易に検出できます。また、15.6インチの高解像度タッチスクリーンを搭載し、設定を迅速に完了し、ユーザーの効率を向上させます。


シグナルを完璧に復元
20 GSa/sのサンプリングレートは、シグナルの歪みを排除します。最大1 Gpts/chのメモリ長で、最大サンプリングレートで最大50ミリ秒の完全なシグナルシーケンスを、ギャップなしでキャプチャできます。検索およびナビゲート機能や履歴ツールを使用して、保存された全トレースを分析します。各サンプルは12ビットADCを利用しているため、量子化誤差を限定し、エンジニアが波形の細部を明確に観察し、波形を正確に測定するのに役立ちます。



全く新しい高速プラットフォーム
SDS7000Aのプロセッサは完全にアップグレードされました。X86プロセッサを利用することで、システムの応答速度、測定速度、操作速度、および分析速度が大幅に向上し、将来の分析機能拡張の機会がさらに増えました。



アイ/ジッター解析
高速システムの信号整合性分析の核心として、アイダイアグラムは高速通信信号を特徴付けます。システムの品質は、インターシンボルクロストーク、ノイズ、帯域幅の影響を観察することで評価できます。ジッター分析は、システム内の小さなタイミング変更の統計的分布を特徴付け、デジタル通信システムのデバッグや高速信号伝送の際によく使用されます。SDS7000Aシリーズは、ジッターとアイの特性に関する自動パラメータ測定をサポートしています。簡単なセットアップと自動測定により、デバッグを迅速化し、エンジニアリング設計のテストを簡素化します。



プロトコル一貫性解析
SDS7000Aを使用して、SIGLENTはUSB 2.0、100base-TX、1000base-T、100base-T1、1000base-T1を含む通信標準に対するシステムの評価を行う組み込みのコンプライアンステストソリューションを提供します。ユーザーはテスト項目を柔軟に設定でき、ソフトウェアはオシロスコープを制御してテストを自動的に完了し、参照標準と比較した後に信号テスト結果(合格/不合格)を自動的に提供します。これにより、重要な信号と伝送の問題を迅速に特定し、解決するのに役立ちます。



SAP5000Dアクティブ差動プローブ(5GHz)
SAP5000Dは、最大5GHzの帯域幅と低ノイズを提供する、最高性能のアクティブ差動プローブキットです。高い入力抵抗と低入力容量により、測定システムによって導入される負荷が最小限に抑えられます。SAP5000DアクティブプローブはSAPBusインターフェースを利用し、SDS5000X、SDS6000A、SDS7000Aシリーズを含むオシロスコープに適しています。これらのプローブは追加の外部電源を必要とせず、オシロスコープによって自動的に認識されます。


詳しくは、SDS7000A商品詳細ページへご覧ください。



 
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋